美容整体サロン caeru(カエル)

ブログ

新着情報をお届けします。

*おなかに優しいりんごのカロリーと栄養*

皆さん、こんにちは。
保育士さんからりんごを頂きました〜(o^^o)!

 

 

と、いうことでりんごの栄養についてお伝えしていきます♪

image

 

 

りんごにはペクチンが豊富に含まれます。
ペクチンの働きは腸の有害物質を排泄し、下痢のときには腸内ビフィズス菌などの善玉菌を増殖して戦ってくれます!
頼もしい!♪(´ε` )

 

 

 

そして、ペクチンのほかにビタミンCも入っており、果肉に含まれるカテキン(お茶だけではなくりんごにも含まれているんですね!)や果皮のアントシアニンなどのポリフェノールが活性酸素を撃退してくれます!
ポリフェノールには血液をサラサラにする効果も♪

 

 

また、疲労物質分解作用のあるリンゴ酸も含まれています☆彡

 

 

 

症状別に食べ方もあります。
下痢の時にはすりおろして、便秘の時は皮ごと丸かじりがいいそうですよ(*^^*)
ワイルドですね!笑

 

ちなみにりんごのカロリーは100gあたり54kcalとなっています!
とっても身体に良いりんごですが、1日の摂取量の目安があることはご存知ですか?

 

果物だからいくら食べても太らないというわけではないのですね〜

 

 

 

果物の1日摂取量の目安は200gとなっています!
りんごだと約2/3〜1個、みかんだと約2個となります。

 

 

後ろから『私1日6個ぐらい食べている、、、』と声が、、、笑

 

 

さすが、みかん好きの在津さん!笑

 

 

そんなみかんの栄養はこちら
→甘くて美味しいみかん♪(カロリーと栄養素)
http://salon-caeru.com/blog/504
なぜ目安量があるのかというと、果物には果糖といって糖質が含まれています。
これは砂糖よりも1.5倍甘みを感じる糖質なのです。

 

 

そして、砂糖よりも血糖値の上昇が穏やかということでダイエットにいい!と紹介されることが多いのですが、食べ過ぎはもちろん禁物です!

 

 

中性脂肪の増加や脂肪肝になりやすくなってしまいます(´・_・`)
効果的な食べ方は朝に食べることです!

 

 

昔のことわざに『朝の果物は金なり』とあるように胃に何も入っていないときに食べると効果絶大です♪

 

 

できれば冷蔵庫で冷やしているものより、少し時間をおいて常温に近い温度になってから食べると身体を冷やさずに一石二鳥です♪

 

 

ぜひ試してみてください(^^)

 

福岡市中央区、博多区、東区、南区、西区、城南区、早良区、にお住いの方や

西鉄薬院駅が近くにありますので、春日市、久留米市。糟屋郡などからもお越しいただいております♪

小顔効果、リフトアップ、シミ、シワ、たるみ、むくみ、頭痛、不眠、自律神経の乱れなどにも効果がある美容鍼も行っています♪
お気軽にどうぞ(*^^*)

 

サロンcaeruへのお問い合わせはコチラから♪↓

女性専用 姿勢改善 美容整体サロン caeru
福岡市中央区薬院3-13-23 薬院AMビル3階

tel:092-523-8225

 

エキテンにも掲載しております。
コチラからどうぞ↓
http://s.ekiten.jp/shop_7061294/?from=top_page