美容整体サロン caeru(カエル)

ブログ

新着情報をお届けします。

皮膚や目や全身に!その症状、実は紫外線アレルギー!?対策と原因と予報

皆さん、こんにちは。
福岡は昨日の雨と打って変わって晴天なり!(*^^*)

 

日差しが強い強い(^_^;)

 

 

7月も中旬に差し掛かり、【the☆夏】という行事が増えてきますね♪

 

海、プール、花火、BBQなどなど!

 

 

考えるだけで楽しくなっちゃいます。
しかし、夏になると気になるあの問題。

 

そう、暑いがゆえに着るものも薄く、面積も少なく、、、露出が多くなっていく!(~_~;)
海やプールに行く時には『水着』になりますしね。
そんな時の姿勢も気になりますが、

今日は【紫外線】についてお伝えさせて頂きます。

image

 

今や、紫外線は日焼けやシミだけでなく、アレルギーも引き起こします。

 

 

日光アレルギーや日光過敏症、日光性皮膚炎とも呼ばれており、どれも紫外線が原因で引き起こされるアレルギー反応。

 

 

皮膚に表れる症状としては
□赤くなる
□じんましんやみずぶくれ
□腫れ
□かぶれ

 

目に表れる症状
□目の充血
□涙が出る
□異物感がある

 

 

全身に表れる症状
□頭痛
□発熱
□吐き気

 

など、皮膚以外にも表れるのです!

 

 

皆さん、どうでしたか?

 

 

 

アレルギーだと思っていなかったけどハッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はcaeruスタッフにもその症状が・・・笑

 

 

山下は、日中外出した後は目の症状と頭痛がセットでくることが多いらしく、日光にちょっと弱いのかな〜ぐらいにしか思っていなかったそうです。

 

そして在津は先週外出した際に、日焼け止めは痒くなるから、と強い日差しの中、無防備に肌をさらし(笑)

お肌が赤くじんましんのようになっていました(⌒-⌒; )

2人で上のチェック項目、制覇しちゃってる。。。

 

ブログの為にと調べながら、実際、caeruスタッフが1番勉強になっています(*´꒳`*)笑

 

 

このようになる原因としては、

 

 

紫外線に対する抗体量を超えることによって発症するか(個人差があります)、

 

薬や日焼け止めの成分が原因で引き起こされる場合があります。

 

 

 

 

対策としては、長袖や手袋、帽子、日傘、サングラスなどで日光に直接当たらないようにすること。

日焼け止めクリームを塗ること。
(お肌によって成分をみる必要があります)

 

 

 

室内では紫外線カットのカーテンやフィルムを貼ることです。

 

 

 

適度に日光にあたるほうが良いとされていることも多いですが、実際はちょうどいいぐらいがいいんでしょうね。

でもその”ちょうどいい”というのが個人差があって明確にはわかりにくい・・・(^_^;)

 

 

紫外線の量を確認するには気象庁のホームページが便利ですよ☆
http://www.jma.go.jp/jp/uv/

 

ぜひお出かけの際には確認して、強いときには対策を入念にしてみてください(*^^*)

 

お子さんがいらっしゃるご家庭でもきっと大活躍すると思いますよ♪

 

 

 

サロンcaeruへのお問い合わせはコチラから♪↓

女性専用 姿勢改善 美容整体サロン caeru
福岡市中央区薬院3-13-23 薬院AMビル3階

tel:092-523-8225

エキテンにも掲載しております。
コチラからどうぞ↓
http://s.ekiten.jp/shop_7061294/?from=top_page