美容整体サロン caeru(カエル)

ブログ

新着情報をお届けします。

今の季節から多い蚊!その対策(蚊取り線香・スプレーなど)

皆さん、こんにちは。

昨日は凄い雨でしたね。
お近くの皆さん大丈夫でしたでしょうか?

 

 

 

今日のブログは保育士さんたっての希望で【蚊】について。

image

蚊、刺されたらかゆいし、耳に近づいたときのブ〜ンって音が聞こえると気になって眠れなくなっちゃいますよね(^_^;)

 

 

保育士さんのお子さんが19箇所も刺されて、『うちの可愛い子に〜!』と言われてらっしゃっていました(´・Д・)
その言葉から愛を感じます~(﹡ˆoˆ﹡)
私も蚊に刺されやすので、すごく興味があり、調べてみました。

 

 

 

蚊は幼虫の時と成虫の時とでは生活の場所が違います。

幼虫(ボウフラ)は水の中での生活が続き、
その生息場所はさまざま。

 

下水溝・雨水マス・空き缶・古タイヤ・竹の切株・墓地の花立などなど・・・
水が溜まる場所は、すべて蚊の発生源となります。
個人的にはボウフラのあの泳ぎ方が苦手です・・・(´._.`)
成虫した蚊のエネルギー源は糖分!
(なんか意外。笑)
普段は花の蜜などを吸って生活しているらしいです。びっくり。
メスだけが産卵のための栄養源として血を吸っているという。

 

吸血源を探すときは人が出す炭酸ガスや皮膚のニオイ・温度を感知して探しているんだそうです。

ビアガーデンなどのときは水たまりをチェックしてみてください。

ビールを飲んでいるとその匂いなどでよってくるんですかねぇ~

血液型も関係するって聞いたことあるし・・・今度調べてみます(*^▽^*)

 

 

重要なのはここから!

 

蚊に刺されないようにしていく対策です(*^^*)
①まずはボウフラを発生させない!
ボウフラは、全て水の中にいるので、水たまりをなくせば蚊は発生しません。

具体的には、
・古いバケツなど水のたまった容器
・空き缶、空き瓶など
・放置された子供の遊具
・園芸用の植木鉢の受け皿、庭の汲み置き水、放置のジョウロなど
・雨よけシート(ブルーシート)の窪みに溜まった水
・古タイヤ

これらに水が入らないように注意すると蚊そのものが発生しません( ˊᵕˋ* )

 
②虫除けスプレーをする。
最近ではお肌が弱い人用のオーガニック系のスプレーも市販でうっているようですよ♪

caeruに来店されたお子さまは洋服に虫除けシールを貼っていました!

色んな対策法があるのですね(*^_^*)

 

③長袖、長ズボン。
アウトドアでの活動時は暑いですが、蚊の対策には必須です!

たま〜に洋服の上から刺してくる強者もいますよね。笑

 

 

④扇風機を使う
蚊の飛行能力は時速2.4キロメートルとかなり低いため、扇風機で風を起こせば蚊は寄りつかないそうです。
⑤蚊取り線香
殺虫成分が入っているので効果的。

しかし、範囲が限られていることと、
人体への影響がないかが心配。

身体の小さい赤ちゃんにはどうなのでしょうか?
今度調べてみます(*^o^*)

 

最近では昔ながらの匂いではなく、アロマの匂いの蚊取り線香があるらしいですよ!

色んなものが現代にあわせて進化しているんですね。

 

 

 

蚊が厄介なのは、かゆみや腫れがおきるだけでなく、
感染症も運んでくること。

 

何年か前にデング熱で公園が封鎖されたこともありましたよね(~_~;)

 
自分の身体や小さい身体のお子さんを守るためにも、まずは大量発生しないようにしていきたいですね(^_^)v

 

 

サロンcaeruへのお問い合わせはコチラから♪↓

女性専用 姿勢改善 美容整体サロン caeru
福岡市中央区薬院3-13-23 薬院AMビル3階

tel:092-523-8225

エキテンにも掲載しております。
コチラからどうぞ↓
http://s.ekiten.jp/shop_7061294/?from=top_page