美容整体サロン caeru(カエル)

ブログ

新着情報をお届けします。

出産時の帝王切開率が世界でも急増中!?

皆さん、こんにちは。

 

 

出産をするときの方法で『帝王切開』がありますが、実はWHO(世界保健機関)で適正な帝王切開の基準があることをご存知でしたか?

 

お恥ずかしながら私は知りませんでした・・・(・・;)

image

 

10〜15%が適正な基準となっており、日本はかつて10%ほどでしたが、ここ近年では約20%を超えていることがわかっています。
世界的に見てみると
アフリカ・・・約4%
東南アジア・・・約9%
欧州・・・約23%
南北アメリカ・・・約35%
西太平洋地域・・・約24%
ブラジル・・・約50%

となっており、国別でかなり差がありますね~!

 

 

アメリカやブラジルで多い理由の一つとして、
ハリウッドセレブや忙しい女性が時間の調整をしやすいことや、お医者さんに勧められるがままに希望をしたり、
占いで子供の誕生日を決めるため・・・。

 

などの理由から急激に増加しているのです。

 

 

元々、帝王切開は赤ちゃんが子宮を通って生まれるお産(経膣分娩)が難しいと判断されたときに行い、2種類あります。

 

 

事前の検査で経膣分娩に適さないと判断された場合は『予定帝王切開』。
経膣分娩を予定しており、お産の途中で不可能と判断された場合は『緊急帝王切開』。
また、日本で帝王切開が増えている理由の1つが晩産化です。赤ちゃんとお母さんの身体への負担を考えての判断がなされているんです。

 
しかし、帝王切開自体はお母さんの身体に【肺血栓塞栓症】のリスクが経膣分娩よりも5〜10倍もかかってしまうことも(´._.`)

 

【肺血栓塞栓症】とは最近のブログで書かせて頂いた、エコノミークラス症候群の状態と同じ、長時間同じ姿勢でいることからおこります。
エコノミークラス症候群とその対策方法
http://salon-caeru.com/blog/2297
しかし、帝王切開自体が良くないわけではありません。

10%以下であると本来助けれるべきお母さんと赤ちゃんが助からなかったという数字にもなるのです。

また、中には「帝王切開で産んだから楽でよかったわね」という心ない言葉で傷ついているお母さんたちがいることも事実。

信じられませんよね(。-_-。)

 
大切なのは出産後の身体のケア!
これです!!

 

妊娠中の子宮の変化。えっ!そんなところまで・・!
http://salon-caeru.com/blog/1919

 

 
このように女性の身体は大忙し。加えて育児となると自分の身体は二の次(・_・、)

 

 

 

caeruには安心して施術を受けて頂ける環境が揃っています!

私たちと一緒に身体のケアをしてみませんか(*^_^*)♪

 

 

福岡市中央区、博多区、東区、南区、西区、城南区、早良区、にお住いの方や

西鉄薬院駅が近くにありますので、春日市、久留米市。糟屋郡などからもお越しいただいております♪

 

サロンcaeruへのお問い合わせはコチラから♪↓

女性専用 姿勢改善 美容整体サロン caeru
福岡市中央区薬院3-13-23 薬院AMビル3階

tel:092-523-8225

 

エキテンにも掲載しております。
コチラからどうぞ↓
http://s.ekiten.jp/shop_7061294/?from=top_page