美容整体サロン caeru(カエル)

ブログ

新着情報をお届けします。

*桃の節句~ひな人形をしまう時期の正解って!?~*

皆さん、こんにちは。

 

 

今日は3月3日でひな祭りですね(*^^*)

ひな祭りといえばひな人形。

 

私のお家には、お内裏様・お雛様・三人官女までいる物で

お店に置いている10段ほどでたくさん人形がいるひな人形に憧れを抱いていました( ̄ー ̄)

 

image

在津さんが持ってきてくれたひな人形です!

可愛い~~(*^▽^*)♡

 

そしてもうひとつ!

image

保育士さん家のひな祭りです!

後ろに気になるものが色々ありますが(笑)

中身はちらし寿司、着物は玉子とすごいアイデア!!細部までこだわってます(≧▽≦)

 

食べるのがもったいない♡

お子さんも嬉しいでしょうね♪

 

 

 

 

さて、ひな人形を ”しまう時期” 皆さんどうされていますか?

 

 

私が住んでいた地域では3月3日にしまわないとお嫁にいけないと言われ4日にしまっていました。

(すでに1日過ぎていますが・・・笑)

 

 

しかしそれにはいろんな説があるそうです!

 

元々ひな祭りは

◯古代中国の厄払い行事

◯人形(ひとがた)にけがれをうつして流す風習

◯小さな人形を使ったひな遊び

が混ざって成立したと言われています。

 

 

このことから

①ひな人形に災いを移すということから、早く片付けて災いを遠ざけた方が良い説

 

②きちっと片付けができないと良いお嫁さんになれませんという”しつけ説”

 

③早く飾りだすと「早く嫁にだす」、早くしまうと「早く片付く(嫁に行く)」と言った飾る時期を娘の結婚になぞらえた”結婚象徴説”

 

などがあるようです。

 

なるほど〜♪( ´▽`)

 

 

 

しかし、地域によっては3月中旬から4月まで飾っている所もあるらしく、旧暦と新暦が関係していました。

 

 

ひな祭りは旧暦の3月3日に行われており、その頃に桃が咲くということで桃の節句とも言われています。(新暦では4月の始め頃にあたります)

 

 

旧暦のまましているのか新暦になおしてしているかの違いだったんですね(^o^)

 

地域やその土地の人々の考え方でそれぞれ違い、どちらも正解のようです♪

 

 

 

桃には昔から邪気を祓うとして縁起の良い物とされ、神事でもよく使われていたそう。

 

あの”桃太郎”もこのことがルーツとなり、桃太郎が鬼を退治する話として描かれているんです!

 

驚き!!(*’▽’*)

 

余談ですがcaeruスタッフは某携帯会社のCM、三太郎シリーズにガッチリはまっており、新しいCMの情報が入るとYouTubeですかさずチェックします(o^^o)笑

 

 

 

さて、ひな祭りと言えばひなあられ!

・・・あれっ?私だけ?笑

 

 

ひなあられだけではなくちらし寿司、はまぐりのお吸い物、菱餅などがあります( ^ω^ )

 

皆さん、今日の晩御飯にいかがでしょうか?

 

 

ちなみにはまぐりは高いらしので(保育士さん調べ)、私はあさりなどで代用しようと思います♪

 

 

一緒に日本の季節を味わいましょう(*^◯^*)☆

 

福岡市中央区、博多区、東区、南区、西区、城南区、早良区、にお住いの方や

西鉄薬院駅が近くにありますので、春日市、久留米市。糟屋郡などからもお越しいただいております♪

小顔効果、リフトアップ、シミ、シワ、たるみ、むくみ、頭痛、不眠、自律神経の乱れなどにも効果がある美容鍼も行っています♪
お気軽にどうぞ(*^^*)

 

サロンcaeruへのお問い合わせはコチラから♪↓

女性専用 姿勢改善 美容整体サロン caeru
福岡市中央区薬院3-13-23 薬院AMビル3階

tel:092-523-8225

 

エキテンにも掲載しております。
コチラからどうぞ↓
http://s.ekiten.jp/shop_7061294/?from=top_page