美容整体サロン caeru(カエル)

ブログ

新着情報をお届けします。

*妊娠高血圧症候群と妊娠中毒症の違いとは?*

皆さん、こんにちは。

 

梅についてのお話をした時に『妊娠高血圧症候群』という言葉がでてきましたがどのような状態になるのでしょうか。
そして『妊娠中毒症』とは何が違うのでしょうか。

 

 

以前まで
妊娠前には無かったが、妊娠中期以降になってから女性の身体に
"高血圧" "蛋白尿" "浮腫"
の1つか2つ以上現れる状態を妊娠中毒症といっていました。

 

 

 

しかし、研究が進むと女性と赤ちゃんの障害に直接関係するのは"高血圧"が中心であることがわかったのです。

 

 

実際には蛋白尿や浮腫だけ、もしくは両方の症状がでていたとしても急激な異常が起こることは稀だそうです。

 

 

 

そのことから高血圧が認められる場合に焦点を絞った病名をつけるため、2005年4月から日本産婦人科学会により妊娠高血圧症候群と定められました。

 

 
妊娠高血圧症候群になると母体にも赤ちゃんにも影響がでますが、どのような状態になるのでしょうか。

 

お腹の中の赤ちゃんは胎盤を通じて酸素や栄養をもらいますが、妊娠高血圧症候群では子宮や胎盤での血流が悪くなります。

 

 

すると、赤ちゃんは栄養・酸素不足になってしまうことがあるんです(><)

 

 

それにより胎児発達不全、低出生体重児、子宮内胎児死亡、胎児機能不全といった状態になることも。

 

 

しかも自覚症状があまりでないんです!
重症になっても気がつかない人が多いそうです。
だから身体の状態の把握や定期的な検査が妊婦さんには特に必要なのですね。

 

 
気になる妊娠高血圧症候群の原因、実はまだ解明されておりません!(;゚Д゚)!

 

有力な考えの1つは、妊娠15週までに胎盤の血管が正常とは異なる作られ方をしてしまうという説です。
それによって酸素や栄養の受け渡しが上手くできないのではないかと言われています。

 

image
知っているようで、知らなかった知識を学ぶことができました!

 

そして決してひとごとではないんですよね。。

 

 

 

今日のポイントは「血流」。

 
もし赤ちゃんがいない状態の身体で血流不全だったら・・・
いざ、赤ちゃんができた時に身体の準備は出来ているのだろうかと思います。

 

 

これは、今から赤ちゃんを出産するであろう全女性に関わります。
もちろん私たちにも。

 

 

赤ちゃんを心地よく迎えれるようにするには今の自分の身体を大切に、そして血流を促していくような生活やケをしていくことが大事になってくると思います。
そして、このブログをみて皆さんがそう思って頂けたら幸いです( ᵕᴗᵕ )

 

福岡市中央区、博多区、東区、南区、西区、城南区、早良区、にお住いの方や

西鉄薬院駅が近くにありますので、春日市、久留米市。糟屋郡などからもお越しいただいております♪

小顔効果、リフトアップ、シミ、シワ、たるみ、むくみ、頭痛、不眠、自律神経の乱れなどにも効果がある美容鍼も行っています♪
お気軽にどうぞ(*^^*)

 

サロンcaeruへのお問い合わせはコチラから♪↓

女性専用 姿勢改善 美容整体サロン caeru
福岡市中央区薬院3-13-23 薬院AMビル3階

tel:092-523-8225

 

エキテンにも掲載しております。
コチラからどうぞ↓
http://s.ekiten.jp/shop_7061294/?from=top_page